借りすぎないようにするためには

キャッシングをクセにしないために

ついつい借りてしまうキャッシング

消費者金融にしても銀行にしても、キャッシングの契約を済ませてカードを手にしてしまうと、あまりにも気軽に簡単に借りられるためについつい借りすぎてしまう場合があります。コンビニATMや銀行ATMで限度額の範囲内であれば自由に借り入れが出来てしまうためであり、まるで自分の銀行口座の預金残高のような錯覚に陥ってしまう場合もあるのです。もちろんそのような借り方をしてしまうと返済が苦しくなるので避けるべきなのですが、ではキャッシングをうまく使うためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

借りる目的をしっかりと定める

キャッシングをうまく使おう

基本的にキャッシングで借りたお金の資金使途は自由となっています。生活費にしても交際費にしても、どのように使うかは借りた人次第となっているため、うまく使うも下手に使うも借り手次第といえるのです。うまくキャッシングを利用する人は無理の無い返済計画を立てるためにも必要以上の金額は借りず、そもそも申し込み前に何でお金を借りる必要があるのかをしっかりと見定めています。借りる目的をしっかりと決めておけば本当に必要なお金なのかどうかも判断しやすいため、計画的に利用できるのです。

 

収入に見合った余裕のある返済計画を立てる

毎月の給料からの返済が大半を占めるキャッシングにおいては、収入に見合った返済金額になるように利用しなければなりません。多くを借りればその分だけ返済の負担が増えることになってしまいますので、無駄な借り入れはなるべく控え、必要最低限の借り入れで返済金額も小さくなるように利用する必要があると言えるでしょう。多くの消費者金融のホームページ上では返済シミュレーションが行えるようになっているため、借り入れをする前にはしっかりとしたシミュレーションで余裕のある返済を心がけてください。

 

借り入れ先の選び方

返済時には利息がかかるキャッシングにおいては、契約時の金利も重要となります。しかし、消費者金融で借りる際には大体の場合が限度額が小さいので、金利も下がりにくくなります。

 

キャッシングの限度額と金利の関係

金利は限度額と反比例していると言えます。限度額が上がると金利が下がりやすいため、50万円以下の少額の融資が多くなる消費者金融においては金利の低下というのは望みにくいと言えるのです。

 

そこで、消費者金融での借り入れの際には金利ではなく理想負担を節約できるサービスに注目してみると良いでしょう。無利息キャッシングがそれにあたり、プロミスのキャッシングではポイントサービス加入で30日間無利息となりますので、金利面では18.0%と17.8%とほとんど変わらないアコムの融資と比べると実際に支払うべき利息が節約できるということになるのです。無利息キャッシングには特にデメリットは見られませんので、初回の返済の負担を軽減するためにも有効に活用していくことをオススメします。

キャッシングができる場所はたくさんあります。町中のコンビニや銀行、最近ではドライブインなどにもATMが設置されていますので、休日に車移動している時や、平日や夜間に車通勤している人などにも重宝されています。道路だけではなく電車通勤のサラリーマンが利用しやすいように、駅の構内や地下鉄の駅にも設置されていることが多くなりました。

続きを読む≫ 2014/05/31 20:04:31

キャッシングや各種ローンの審査のときに、自分の契約していたキャッシング枠のついたカードがどう影響するかということはみなさん関心があるのではないでしょうか。悪質な滞納の履歴があったりする場合にはもちろんブラックリストとして見られ、契約出来ない、審査に通らないといった事態がおきてしまうわけですね。

 

では、キャッシングサービスを日常的に利用しているわけではないけれど、消費者金融のカードは所持している、という場合はどうなるのでしょうか。この場合、所持しているというだけでも、その会社と契約をしている人、という風に見られます。事故履歴や滞納などがなかったとしても、利用している、という扱いとして審査されてしまうわけですね。

続きを読む≫ 2014/05/31 20:04:31

それぞれのキャッシングサービス会社によって、打ち出しているコンセプトや宣伝形態は違っています。テレビコマーシャルなどを眺めていて、ここが魅力的だな、とか、このキャッシングサービス会社の言っていることはわかりやすくて信頼できる、なんて思いになったことがあるのではないでしょうか。それぞれの特徴を見ていっても、やはり個性が出ていて面白いなと感じてしまうところがあるでしょうが、競合な他社に打ち勝つために、いろいろなプランを練って私たちに提供してくれているのですね。

続きを読む≫ 2014/05/31 20:04:31